So-net無料ブログ作成
検索選択

釈由美子の先祖は戦国武将? [タレント]

釈由美子さんの先祖が、戦国武将の

蜂須賀小六正勝だという話が話題になっているようです。


ご先祖といっても、姓は釈と蜂須賀では全然違うし、

ホントに釈由美子さんのご先祖様なのでしょうか?


そして、蜂須賀小六とはいったいどのような人物なのでしょう?

syaku.jpg

蜂須賀小六は、豊臣秀吉の家臣で、

江戸時代に書かれた「太閤記」では、

秀吉の家臣になる前は野盗、野伏の長であったと

されたことから、荒くれ者的なイメージ

定着してしまっていますね。


hachisuka.jpg
http://morimiya.net/online/ukiyoe-syousai/U1050.html


なので、女優の釈由美子さんの先祖と言われても

イメージが全然あわなかったのですが、

実際の蜂須賀小六は、「川並衆」という舟や馬による

運送業を行ったり、またそうした輸送の警護をする

用心棒的な集団を率いていたようです。


家柄も確かで、現在の愛知県あま市蜂須賀にあたる

尾張国海東郡蜂須賀郷の土豪の息子として生まれました。


秀吉に仕えてからは、よくイメージされる

腕っぷしの強い猛者というよりは、

調略、民政に長けた参謀的立場の武将だったようです。


黒田官兵衛竹中半兵衛が軍師として活躍するようになると

その戦略に従って行動したということなので、

蜂須賀小六が本来は秀吉の軍師的な役割を担ってきたことが

影を潜めてしまったのかもしれません。


スポンサーリンク





蜂須賀小六は、天正14年、大阪でなくなりましたが、

その末裔はやがて四国に渡り、その際、出家していた為、

僧侶の通称である「釈」に改名したと主張しているようですね。

この末裔が、釈由美子さんの先祖みたいです。


ちなみに四国に渡ったのは、蜂須賀小六の子、

蜂須賀家政が徳島藩の祖となっています。


また、出家したというのは、秀吉亡き後、

家政は石田三成らから親徳川であると糾弾され、

「蓬庵( ほうあん)」と号して

高野山へ出家していたそうです。

確かに僧侶で、四国の大名という事実はあるようです。


それにしても、釈由美子さんのような

女優さんが出る家系なので、

「太閤記」のせいでゴロツキのような描かれ方をする

蜂須賀小六も、意外と美形なイケメン武将だったのかもしれませんね。




スポンサーリンク









nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:芸能

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FreeSence

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。