So-net無料ブログ作成

ふるさと納税はサラリーマンでもできる!?年末調整はどうしたら…? [お役立ち情報]

ふるさと納税について、6月23日放送の

「私の何がイケないの?」

で紹介していましたね。

このふるさと納税、ずいぶんお得な制度のように

紹介されていたので、

「やってみたい」と思われた方も多いかと思いますが、

確定申告をしないといけないそうですね。

サラリーマンは年末調整で一斉に処理するので、

個別で確定申告することに縁遠いですが、

サラリーマンでもできるものなのか?

年末調整では何か申告しないといけないのか?

そのあたり調べてみました。



images.jpeg
http://j-town.net/yamagata/news/localnews/048721.html

まず、ふるさと納税ですが、正式には「ふるさと寄付金」

という自治体への寄付制度になります。


個人が2,000円を超える寄付を行ったときに、

住民税のおよそ1割程度が所得税と住民税から控除される制度です。

番組では、例えば1万円寄付として出せば、

特産品等のサービスが受けられ

さらに控除で8000円も戻って来てお得

と紹介していました。


確かに確定申告の手間はあるのですが、

上手に利用すれば美味しい地方の特産品

ユニークなサービスを受けられたりと

大変魅力がありそうですね。


まず利用から申告までの大まかな流れは

以下のようになります。


①ふるさと納税の申し込み

以下のサイト「ふるさとチョイス」から

申し込みできます。
http://www.furusato-tax.jp

各自治体のホームページなどにも

情報掲載されているそうなので、

情報を集めお好みの自治体、

及びサービスを選びます。

ちなみにお住まいや、実際の出身地等に関係なく

基本的にはどこの自治体にも申し込み可能です。


②証明書を保管しておく

寄付後に申し込み先の自治体より

証明書が送られて来ます。

確定申告の際、必要となりますので

大切に保管しておいてください。


③確定申告をする

確定申告の時期に必要書類を揃えて、確定申告します。

必要書類は以下のとおりです。

・②の証明書

・源泉徴収票

また、(還付金の振込み指定をする)銀行などの口座が必要です。


スポンサーリンク





一般的に確定申告は税務署に出向き申告しますが、

インターネットから書類を作成し、

郵送で申告することも可能です。

書類作成はこちらから
https://www.keisan.nta.go.jp/h25/ta_top.htm


さて、本題のサラリーマンの場合

ふるさと納税の年末調整についてですが、

結論から言うと年末調整では申告出来ないので、

確定申告でするしかありません。


年末調整が終わったからといって、

確定申告し忘れてしまうと、

控除による還元が受給出来なくなってしまう

のでご注意を(^_^;)


なお、サラリーマンでふるさと納税の利用、

及び確定申告について、会社等への報告は必要ないので、

サラリーマンでも気軽に利用できそうでイイですね!


寄付先も自治体なので安心です。

元々は、都市部や地方間での税収格差を是正するため、

2008年から導入された制度だそうです。


このふるさと納税。

上手に寄付しつつ、

楽しみながら活用していきたいものですね!



スポンサーリンク







nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
FreeSence

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。